幹細胞コスメとは?最新のアンチエイジング用コスメがスゴいらしい

幹細胞コスメのエイジングケア効果に驚き鏡の前で笑顔になる女性

最先端の再生医療から始まり注目を集め、今や美容にも欠かせない存在となりつつある幹細胞コスメ。

メスを使わない美容整形とか、若返りコスメといった言われ方をすることもある幹細胞コスメですが、なぜ、そんなにも高いエイジングケア力を持つことができるのでしょうか?

ゆり@コスメジプシー
他の美容成分と幹細胞コスメでは一体何が違うの?
はるか@コスメアドバイザー
ちょっと複雑なんだけど、今までの常識が吹き飛ぶくらいスゴイんだよ!☺

その秘密は、今までのスキンケアの常識を覆す幹細胞の特徴にあります。

この記事では、幹細胞のメカニズムや、幹細胞コスメの美肌効果、心配される副作用などについて、詳しく解説していきます。

幹細胞とは細胞にとって母親のような役割をする細胞

赤ん坊の写真

幹細胞コスメが美容に良い、という話の前に、幹細胞とは一体何なのか?ということを解説します。

幹細胞とは、人間の細胞そのものをつくりだすことのできる、いわば他の細胞にとって母のような存在。
人間は約60兆もの細胞から構成されていますが、幹細胞はそれらの中でも、細胞を作り出す役割のある細胞なのです。

幹細胞自体は分裂・増殖することができ、体をつくる個別の細胞に分化することができます。
骨、筋肉、臓器、お肌や髪に至るまで、すべてをたどれば「幹細胞」によって始まるもの。

ゆり@コスメジプシー
細胞をつくる細胞?
はるか@コスメアドバイザー
そう!つまり幹細胞が元気だと、ダメージのあるお肌もドンドン新しいものに生まれ変わる💡

この幹細胞の性質に着目し、応用して化粧品に取り入れたものが幹細胞コスメです。

幹細胞コスメの成分に幹細胞は入っていない

幹細胞コスメに細胞は入っていないので、安心して使用する女性

では、コスメに幹細胞を化粧品に応用する、というのはどういうことか?というと、幹細胞コスメに使用されるのは幹細胞ではなく、幹細胞順化培養液(幹細胞エキス)、という成分です。

美容外科などでは幹細胞を直接注射するようなこともしますが、コスメでは細胞そのものではなく、幹細胞を培養した際に抽出される培養液を使用します。

幹細胞コスメに含まれるのは細胞ではなく培養液

全ての幹細胞コスメに含まれる順化培養液とは、幹細胞(細胞を増やすための親細胞)を培養した際に抽出される、豊富な成長因子(グロースファクター)を含んだもの。

化粧品に細胞を配合することは法的にも不可能なのですが、細胞を培養した培養液だけでも、そこに含まれる成長因子によって、細胞の分化が促進され、ダメージを受けたお肌の再生を促すことができる、という研究も行われています。

成長因子(グロースファクター)とは、EGFやFGFといった、アンチエイジング美容液では定番の成分なので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

培養液が含む成長因子が幹細胞を活性化させる

幹細胞が再生するメカニズムの図

そして、幹細胞が実際に細胞を増殖させるには、幹細胞にあるレセプターという鍵穴に、成長因子を含んだ生理活性物質、リガンドという鍵がはまる時。

鍵穴にぴったりとはまる鍵がなければ、幹細胞による細胞の再生・修復は起こらないのです。

実はこれらの成長因子の形は、それぞれ植物由来のものやヒト由来のもので微妙に違います。

そのため、「人間のレセプター(鍵穴)にぴったりはまるリガンド(鍵)を持つ、ヒト幹細胞順化培養液が、最もエイジングケア効果が強い」と言われています。

ゆり@コスメジプシー
成長因子とカギがセットになって、幹細胞にハマると再生・修復がはじまるんだ!
はるか@コスメアドバイザー
そう!特にヒト幹細胞コスメは、人の肌に合った成分になるので、単なる保湿美容液以上に頼れる存在

幹細胞コスメの効果

幹細胞培養液を数滴垂らしているところ

幹細胞コスメに含まれる成長因子(グロースファクター)によって、細胞の再生を活性化し、様々な肌悩みに対応できると言われていますが、特にその効果を強く期待できるのはヒト幹細胞コスメ。

植物幹細胞コスメでも、シミが薄くなるといった効果を検証しているものもありますが、特にヒト幹細胞コスメに使われるヒト脂肪細胞順化培養液は、ヒトの幹細胞にぴったりなリガンドを多く含むため、より期待が持てるということ。

例えば、

  • 目元の小ジワが徐々に気になってきた
  • 肌のたるみで毛穴の開きが目立つ
  • 肌のハリが失われて、ほうれい線で老けて見える
  • くすんだ肌に気分が沈む
  • 若い頃気にならなかったシミがポツポツと現れてきた

といった、様々な肌悩みに対応できると考えられています。

加齢によりお肌のコンディションが下がり調子になるのは仕方のないものです。

そもそもお肌をつくる幹細胞自体も、年齢により減っていきます。
それに紫外線や乾燥などによって、次第にお肌をつくるコラーゲン・エラスチンなどの生成は少なくなって老化していきます。

これまでのスキンケア化粧品では、失った潤いをなんとかキープするための、守りのケアで、なんとか老いを食い止めるのことしかできませんでした。
ですが、幹細胞コスメは、お肌の細胞そのものを内側から活性化させるためのもの。

その高いエイジングケア効果はプラセンタやプロテオグリカンなどの美容成分を大きく上回ると言われる程です。

これまでの守りのケアより、もう1歩踏み込んだ攻めのケアができるのです。

幹細胞コスメの種類

幹細胞コスメの種類を示すボード

現在、幹細胞コスメでは、その幹細胞のタイプによって3種類ほどに別れます。

幹細胞コスメの種類
  • 植物幹細胞コスメ
  • 動物幹細胞コスメ
  • ヒト幹細胞コスメ

それぞれについて解説します。

植物幹細胞コスメ

植物幹細胞コスメは、様々な植物の幹細胞培養液を含む化粧品です。

植物の種類は、リンゴやアルガンツリー、ライラックなど様々ですが、いずれも生命力の強い植物の幹細胞を培養したものが使用されることが特徴です。

リンゴ

フレッシュなリンゴと腐りかけのリンゴ

主にスイス産で4ヶ月以上も腐らないという奇跡のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞培養液を使用したものが多く見られます。

ウトビラー・スパトラウバーは、18世紀中期に長期保存のために改良されたリンゴです。

当時は冷蔵技術がなかったため、長期保存できる食用を目指して改良されました。
しかし、保存に特化した結果、あまりに強い酸味が食用には受け入れられず、味の良い別の品種が開発されるにつれて市場からは姿を消しました。

ゆり@コスメジプシー
長持ちするけど美味しくないリンゴだったのね😂
はるか@コスメアドバイザー
食用としてはそうだね!でも、この4ヶ月腐らないという特徴は驚きの抗酸化力!

しかし、ウトビラー・スパトラウバーの「収穫から4ヶ月後でも腐らず味が変わらない、酸化の影響をほとんど受けない」という強い抗酸化力に研究者が目をつけ、現代では化粧品成分として広く採用されています。

リンゴ植物幹細胞がヒト皮膚から得た表皮幹細胞の維持・活性化をすることが確認された。
次に、ヒト臍帯から得た間葉系幹細胞(皮膚、骨、血液など多様な組織に分化が可能な幹細胞)への作用確認したところ
リンゴ植物幹細胞の添加により、間葉系幹細胞の増殖、及び、それら細胞を紫外線からの細胞死より守ることが確認できた。

引用元:リンゴ幹細胞によるスキンケアの効果と応用 – ネイチャーラボ

アルガンツリー

間伐地帯に力強くそびえ立つアルガンツリー

アルガンツリーは、別名「鉄の木」とも言われるモロッコの砂漠地帯に生える樹木です。

ほとんど雨の振らないモロッコの砂漠地帯に生息し、7年もの間、雨がふらなくても枯れないという驚異的なまでに高い生命力を持っています。

化粧品に利用されるのはそのアルガンの新芽からとれる幹細胞培養液で、様々な美容効果が期待できるよう。

アルガンツリーエキスは老化防止を目的としたアルガンツリーの新芽由来のエキスです。お肌を作り出す「真皮幹細胞」に活力を与え、お肌にハリと弾力をもたらし、シワの減少、皮膚の自己修復機能のサポートなど、全ての細胞を再活性化する作用があります。

引用元:アルガンツリーエキスとは|業務用エステ化粧品ならエグランティエ

動物幹細胞コスメ

草原でのびやかに過ごす羊たち

動物幹細胞コスメは、主に羊、馬、豚などの幹細胞培養液から抽出される成分を含む化粧品です。

日本ではアレルギーリスクの観点から使用にはリスクがあると判断している化粧品メーカーがほとんどで、国産の動物幹細胞コスメというのは現状ゼロと言っても差し障りないでしょう。

そのため、羊の胎盤から抽出されるプラセンタエキスを指して動物由来の幹細胞コスメと誤解している方も多いです。

はるか@コスメアドバイザー
アレルギーリスクなどの観点から、動物幹細胞のコスメは国内ではほとんど流通していません💡

ヒト幹細胞コスメ

日光で輝く女性

ヒト幹細胞コスメで最も多く使われるのが、人の脂肪幹細胞から摂取、培養されるヒト脂肪細胞培養液です。

他にもヒト線維芽細胞(せんいがさいぼう)順化培養液、ヒト骨髄細胞(こつずいさいぼう)順化培養液、ヒト神経細胞順化培養液など種類がありますが、基本的にはいずれも期待できるのは年齢に見合ったお肌のケア用ということ。

前述した、幹細胞の再生・修復効果を最も大きく期待できるのが、ヒト幹細胞コスメです。

最も大きな特徴は、ヒト幹細胞順化培養液には、人間の幹細胞の再生スイッチになる鍵穴「レセプター」に対して、他のどの幹細胞コスメよりもピッタリと合う鍵「リガンド」となる生理活性物質が大量に含まれる、ということ。

ゆり@コスメジプシー
培養液にあるのが成長因子とカギ、そしてお肌にあるのが幹細胞のレセプターだね!

本来であれば植物や動物の幹細胞エキスに含まれるリガンドは人間の幹細胞にはほとんど合わないと考えられます。そのため、本気でエイジングケアしたい人に最もおすすめなのがヒト幹細胞コスメです。

また、人の肌とのなじみも良く、使用感の良さも口コミにあがりやすいです。

幹細胞コスメの副作用や安全性

幹細胞コスメの安全性を確認している女性

いくら幹細胞コスメには直接細胞が入っているわけではないとはいえ、それでも幹細胞コスメに関する副作用への疑問がある、という方もまだまだ多いと思います。

もちろん、あらゆる化粧品に言えることなので、お肌に合う・合わないは存在しますが、副作用というほどのものは現状ありません。

特にヒト幹細胞培養液については、20〜30代前半の健康な女性から幹細胞のドナーを選び、その細胞がウィルスや細菌に感染していないか、アレルギーはないか?などの適合検査を行うそうです。

検査に合格したドナーの幹細胞だけを採用した後、冷凍保存して半年間もの間、寝かせます。
この半年の冷凍期間というのは、ドナーに潜伏していた病気が発症するといった、潜伏期間を考慮したリスク回避を行うためです。

その後、安全だと判断できるものを培養し、幹細胞培養液が抽出されます。

培養液が抽出された後には成分の検査やGLP検査という、1回数千万円もするような衛生面・安全面での検査も。そこまでいってようやく原材料として使用できることになります。

さらに、製品化の段階では多くの場合、GMP認定に基づいた工場にて、医薬品レベルの衛生管理のもと、製品化されるというのが一般的な流れ。

ふつう、化粧品原料でGLP検査まで行うことは基本的にありません。

幹細胞培養液の化粧品は、一般的な化粧品よりも衛生的で、何重にも安全性に関わる検査を通過し、時間と費用をかけて生産されている、ということです。

ゆり@コスメジプシー
難しい…すごい工程をはさんで、ようやく手に取ることができるんだね💦
はるか@コスメアドバイザー
実は普通の化粧品よりもずっと厳しい管理体制で、安全・衛生に気を使っているのが幹細胞コスメです☺

まとめ「幹細胞コスメは今後のエイジングケアに大注目!」

幹細胞コスメに注目している女性

幹細胞コスメは、近年、美容大国韓国やアメリカでも大きな関心を持って迎えられ、年々市場規模が上がっているコスメです。つまり、シンプルに「愛用者が増えている」、ということ。

お肌の根本から改善するためのスキンケア、というのは、今まではメイクやクレンジングをしないといった、あまり現実的でない方法も数多く提案されてきました。

ゆり@コスメジプシー
そりゃあ何もしないのが良いのかもしれないけど、常に化粧ナシは無理。
はるか@コスメアドバイザー
ずーっと外に出なくても人に会わなくても生活できる環境、とかでもないとなかなか難しいよね💦

しかし、特にヒト幹細胞コスメが登場してからは、いつものスキンケアにプラスするだけで、保湿だけでなく、お肌の内側から生まれ変われるような、輝きに溢れた美肌をどなたでも目指すことができるようになったのです。

最近では国産のヒト幹細胞コスメでも、品質・価格共にお手頃なものも増えてきました。

Lady Cosmeticでも、おすすめのヒト幹細胞コスメを特集しているので、是非あなたのスキンケアにお役立て下さいね☺

ABOUTこの記事をかいた人

mm

元美容部員。(人によって接客態度の変わる先輩や同僚に納得がいかず、6年で退職…)もともと肌が荒れやすく、苦労してスキンケアしていたところ「幹細胞コスメ」に出会い、モチモチで思わず触りたくなるお肌に感動!以前の経験を活かしたわかりやすい伝え方で、スキンケアの幅広いお悩みが解決できるよう、Lady Cosmeticで美容ライターとしての活動をスタートしました。